まさに自分のことだ・・。そう思った方は今すぐLINE@をご登録ください!

自己啓発や潜在意識等を学んで、逆に人間関係のしがらみに囚われて悩んでいるあなたへ

人間関係は切ってはいけないものだと思っていませんか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
今井 早紀
切りたくても切れない人間関係を切れずに何年も悩んでいた人が、わずか10秒で切ることを決断し、最短3ヶ月で円満に解消を成功させる。 成功率82%以上を誇る人間関係解消コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

成功率82%以上の人間関係解消コンサルタント田口早紀です。

 

私はこれまでの人生で数々の人間関係を切ってきました。

 

と、聞くと、「えっ、大丈夫この人。。」とか「自己中なのでは・・?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

自己啓発等内面を磨く努力をされている方は、「目の前の人は鏡だ」とか「自分が変わらなければ相手は変わらないからまずは自分が変わらなければ。。」と、縁を切りたい、自分には必要のない人なのではないか、と思っていても、なぜか頑張って親しくしたりしている人が本当にたくさんいます。

 

確かに、自分を磨くことは大切ですし、人は鏡だと言います。

しかし、人間関係を切ってはいけない。なんてことはありません。

 

私がどんな人間関係を切ってきたかをお伝えしますと、

私は幼少の頃から、自分は結婚して子供を産むことが当たり前だと思っていたし、それが自分の幸せのひとつだと思っていました。

 

ところが、20代後半で勤めた会社は社員が100%女性だったのですが、9割が離婚をしていました。そして、隣に座っているバツイチ2人の子持ちの女性がふと口を開いたと思えば、「私子供嫌いなんだよねー。産んでから気付いた。産まなきゃよかったわ」

そして私の前の席に座っているバツイチ子持ち実家暮らしの女性が、「明日死ぬって言われたら何する?」という会話を出し、その方は「誰とセックスするか考えるな〜誰がいいかな」と。

そして更に、その職場でボス的な未婚の女性は「男なんてどうしようもないし信じられないから私はひとりで生きていく。そのためにお金を貯めている」

と。

結婚して子供が欲しいと思っていた当時の私は、この人達の中にいて、この会話を聞き続けていたら、私もそうなってしまうのではないか。「朱に交われば赤くなる」とも言うしな・・。

 

これは私の人生において、つるむべき仲間ではない早く転職しよう。

 

そう決め、転職をし、LINEも削除ブロックしました。

 

飲みに行っても、その場にいない人の悪口。本当に毎回悪口を言う標的が変わるので、聞いてて逆に面白かったです。いい大人が毎回人のいないところで悪口を言うっていう世界って本当にあるんだな。この人たちホント暇だな。と(笑)私も言われてたと思いますけどね。お好きにどうぞという感じで転職させていただきました。

 

そんな簡単に人間関係切れないよ。。

 

とお悩みのあなたは、是非LINE@にご登録いただきメッセージください♪

まずはその人を切るべきか切らないべきかを無料相談1時間の中で決めていきましょう。

LINE@限定!ご登録で無料相談受付中!

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
今井 早紀
切りたくても切れない人間関係を切れずに何年も悩んでいた人が、わずか10秒で切ることを決断し、最短3ヶ月で円満に解消を成功させる。 成功率82%以上を誇る人間関係解消コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 【公式】今井早紀Blog 〜けじめ屋〜 , 2019 All Rights Reserved.